【ワードプレス】コメント欄の下の文字修正やコメントの非表示の方法

コメント欄の下の文章を消す

コメント欄の下に

次のHTML タグと属性が使えます: <a href=”" title=”"> <abbr title=”"> <acronym title=”"> <b> <b lockquote cite=”"> <cite> <code> <del datetime=”"> <em> <i> <q cite=”"> <strike> <strong>

というどうみても内部向けの記述があります。こんなのは訪問した人には不要なので、消してしまいましょう。

テーマフォルダの中にある「style.css」の最後に以下のタグを追加

/* コメント欄の下にある使用できるタグの表記を消す */
.form-allowed-tags{display:none;}

コメント欄の下の文章を変更する場合

もしこのコメント欄の下の文章自体を変更したい場合はfunctions.phpを修正する必要がありますが、子テーマでfunctions.phpを編集する時には注意が必要です。functions.php だけは先に子テーマが読み込まれて次に親テーマが読み込まれるので親テーマからそのままコピーするとエラーになります。もし,親テーマと同じ名前の関数が存在するとエラーとなり,画面が表示されなくなってしまう(真っ白になる)んです。ですので子テーマの functions.php は追加する関数だけを書く必要があります。

<?php 
add_filter("comment_form_defaults","my_special_comment_after");

function my_special_comment_after($args){
 $args['comment_notes_after'] = 'ここを好きな文字列に変更する。HTMLコードも有効。';
 return $args;
 }
?>

コメント自体を受け付けない場合

全般的な設定は「設定」→「ディスカッション」で設定出来ます。
SnapCrab_NoName_2014-1-29_12-13-51_No-00
投稿ごとや固定ページごとに設定することも出来ます。
まず、ダッシュボードの投稿画面に移動します。
arrow11_8d
編集したい投稿・固定ページをチェックボックスで選択します。
arrow11_8d
一括操作というドロップダウンリストから、編集を選択し、適用ボタンをクリックします。
SnapCrab_NoName_2014-1-29_12-14-59_No-00
arrow11_8d
コメント、トラックバック/ピンバック(ブログ投稿のみ)を許可しないに変更して更新をクリック。